閃の軌跡4 トロフィー攻略とコツ トレジャーハンターは宝箱回収数を都度チェック

宝箱のトロフィー「トレジャーハンター」の攻略およびコツを記載した記事です。

ノートメニューから宝箱回収数が分かるようになり、シリーズのこれまでの作品に比べ難易度自体は下がりました。
とはいえ全358と数は多いため、チェックリストを用意して進めていきましょう。

最後の宝箱を開ける際のドキドキ感は(良い意味で)無くなりました
“閃の軌跡4 トロフィー攻略とコツ トレジャーハンターは宝箱回収数を都度チェック” の続きを読む

閃の軌跡4 トロフィー攻略とコツ 戦闘ノートは登録漏れをリストアップして2周目に

戦闘ノートのトロフィー「バトルマスター」の攻略およびコツを記載した記事です。

全490種と数は多いですが、「名前や見た目が似ているが別扱い」「お供でのみ出現」といった敵に注意すれば難しくはありません。

自分は2周目にてコイツが最後でした
“閃の軌跡4 トロフィー攻略とコツ 戦闘ノートは登録漏れをリストアップして2周目に” の続きを読む

FF5 ラスボス直前でテレポした際の小ネタ2つ(特殊メッセージとキャラ消滅)

FF5では、ラスボス直前のイベントを見た後に引き返すことが可能です。
その際にテレポ(または徒歩)で次元の狭間から脱出すると、ちょっとした小ネタが2つあります。本記事ではそれを紹介。

“FF5 ラスボス直前でテレポした際の小ネタ2つ(特殊メッセージとキャラ消滅)” の続きを読む

マリオ U デラックス評価、感想 2Dアクションの傑作だが、記憶には残らない作品

スターコインの全取得まで一通りクリアしまして、スイッチの「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」評価、感想記事です。

単純にクッパを倒すまでなら簡単な一方、スターコインのコンプリートまで狙うと歯ごたえがある、といったマリオらしい難易度でした。年齢やゲームの腕前問わず楽しめる、2Dアクションゲームの傑作です。

とはいえ、DSから続く「Newスーパーマリオ」シリーズとしてマンネリ感があり、残念ながら記憶には残らない作品だったかな、と思います。

“マリオ U デラックス評価、感想 2Dアクションの傑作だが、記憶には残らない作品” の続きを読む

FF5 翼を閉じた状態のウイングラプターを倒す方法3選

FF5の最初のボス、ウイングラプターは通常状態と翼を閉じた状態があります。
後者の状態では普通はダメージを与えられませんが、与える方法がいくつかあります。本記事ではそれを紹介。

“FF5 翼を閉じた状態のウイングラプターを倒す方法3選” の続きを読む

Switch版ドラクエビルダーズ感想 part4 ゼロからの町作りは楽しかったが、シナリオの不愉快さが残念 (ラダトーム編)

終章ラダトーム編。
今まで以上に「何も無い」状態からの町作りでやりがいがありました。聖水で浄化しながら進めていくのも、マッピング感覚があり楽めました。

ただ、プレイヤーを小バカにするようなテキストが特に終章は多いと感じて、それが正直不愉快でしたね。

これまでとは違って「本当にヤバい」感じがひしひと。
“Switch版ドラクエビルダーズ感想 part4 ゼロからの町作りは楽しかったが、シナリオの不愉快さが残念 (ラダトーム編)” の続きを読む

Switch版ドラクエビルダーズ感想 part3 仲間と冒険ができ、最も楽しめた章 (マイラ・ガライヤ編)

第3章、マイラ・ガライヤ編。
1,2章に比べて難易度が高いと感じる章でした。とはいえ、「仲間を連れて冒険できる」「大砲やげきとつマシンでドッカンバッカンできる」という点で楽しい章でもありました。

“Switch版ドラクエビルダーズ感想 part3 仲間と冒険ができ、最も楽しめた章 (マイラ・ガライヤ編)” の続きを読む

Switch版ドラクエビルダーズ感想 part2 悲鳴やらゾンビ化やらでトラウマ章 (リムルダール編)

2章リムルダール編。
だいぶ操作にも慣れてきました。町も1から作り直しとなりますが、1章とは入手できるもの、作れるものが大きく異なるので飽きさせない作りですね。

“Switch版ドラクエビルダーズ感想 part2 悲鳴やらゾンビ化やらでトラウマ章 (リムルダール編)” の続きを読む